AI画像処理でヒトを検出,
正確な人数カウントを実現
「人物検出技術」
★Honda特許活用

「本田技研工業」の特許ノウハウを活用した「人物検出技術」は、独自のアルゴリズム&AI(人工知能)により高精度に人物を検出できる最先端の「ヒューマンセンシング技術」です。

「人物検出技術」とは

画像処理技術によって無人で歩行者数計測(調査)が可能に

「人物検出技術」は、画像処理により画像中から「ヒト」を検出し、所定の場所における「ヒトの存在を定量化」する技術です。
具体的には、お店や通りに設置したカメラを利用して「歩行者数・歩行者量、来店数」を計測し調査できます。
従来の通行量調査は「人の手によるカウント」のため、人的ミスや人手不足、依頼から納品までのタイムラグなどがデメリットでしたが、「人物検出技術」はそれらのデメリットを無人かつ正確に克服可能な最先端のヒューマンセンシング技術です。

◆従来の通行量調査

  • 人的計測
    数え間違いや信頼性など人的要因に大きく左右される
  • 人手不足の問題
  • 納品までに時間がかかる
従来の通行量調査

◆人物検出技術の通行量調査

  • 画像処理による計測
    正確な検出で個体差がない
  • 無人でOK
  • 24時間365日でも稼働できる
人物検出技術の通行量調査

本「人物検出技術」の特徴

1.「Honda」特許(ノウハウ)活用

オープンイノベーションの一環として「本田技研工業(株)」と協業し、ホンダ社保有の特許技術・ノウハウを本「人物検出技術」に活用。車載以外のIT・IoT分野において、革新的なテクノロジーを創造しています。

2.AI(人工知能)搭載で高精度な検出を実現

技術に「AI(機械学習)」を取り入れることで、検出精度のさらなる向上を目指しています。

3.人物の「塗りつぶし」でプライバシー配慮

改正された”個人情報保護法”では「顔画像の利用が規制」され、プライバシーへの配慮が求められるようになりました。
人物検出をシステム化しようとすると「顔情報」を含むためネックとなりがちですが、本技術では人物自体を「塗りつぶし」して保存する仕組みを採用し、プライバシーへの配慮も安心です。

人物「置き換え」でプライバシー配慮
人物「置き換え」でプライバシー配慮

※サンプル画像です

4.歩行者量や来店数以外に「導線」も取得可能

本技術では、歩行者量や来店数などの計測以外に「導線」も取得できるため、マーケティングや見守りロボットなどのニーズにおいて活用範囲が大きく広がります。

サンプル動画

当社の「人物検出技術」を利用して実際に録画したサンプル動画です。

<動画>検出&カウントの様子
※音量の初期設定はミュートです

活用例1「人物検出技術」×「マーケティング」

歩行者量や来店数を計測してマーケティング指標に

人物検出技術を用いて「歩行者数」や「来店数」を計測することで、ダイナミックプライシングなどの戦略的なマーケティング施策が可能になります。また、取得した「歩行者数データの販売」や、蓄積した「ビッグデータ」を利用してさらなる事業展開も期待できます。

ダイナミックプライシング マーチャンダイジング

ダイナミックプライシング
マーチャンダイジング

新規出店時のエリア調査 歩行者数データの販売

新規出店時のエリア調査
歩行者数データの販売

ビッグデータ活用

ビッグデータ活用

活用例2「人物検出技術」×「ロボット」

ヒトとの共存を目指すこれからのロボットに

AI(人工知能)の発展によりますますロボットの普及が期待されますが、依然として課題となっているのは「ヒトの安全性」の確保です。
人物検出技術をロボットに搭載することで、無人でも正確に「ヒト」を検出して「安全性の確保」「危険の回避」などの自発的な行動が可能です。

配達・運搬(物流支援)ロボット

配達・運搬(物流支援)ロボット

災害時のレスキューロボット・ドローン

災害時のレスキューロボット・ドローン

見守り介護ロボット・警備ロボット

見守り介護ロボット・警備ロボット

提供形態

「人物検出技術」は現在、「人物検出Webアプリ」「ROS向けSDK」「API」の3つを販売しています。ソリューションをご希望の方や他アプリケーションをご希望の方、お見積もり等はお気軽にお問合せくださいませ。

① 人物検出WEBアプリ

収集・解析・分析をひとつのアプリで! システムを導入後、すぐにご利用いただけます。

人物検出WEBアプリ

② ROS向けSDK

ROS(Robot Operating System)向けにSDKを提供しています

SDK(ROS)

③ Web API

Web APIを利用して人物検出技術を搭載したWebサービスやアプリを構築できます

Web API

歩行者量や来店数の計測・調査に!
〜 人物検出WEBアプリ 〜

「人物検出WEBアプリ」は、本「人物検出技術」を利用して
“所定の場所”における人や人数の「収集・解析・分析」を行うことができる「Webアプリケーション」です。
期間や時間、曜日ごとの数量はもちろん、“推移”もひと目でわかる人物検出技術用の「分析アプリ」です。

1.ラクラク導入

アプリはクラウドサービスのため、システム導入後はすぐに運用を開始できます。
データはクラウドへ送信されるため、ユーザー側での高性能なサーバは設置不要。集計や分析結果はお手元のパソコンでご覧になれます。

2.誰でも使える

集計・分析画面は、専任デザイナーによる設計で「初めて見た人でもすぐに使えるUI(ユーザーインターフェイス)」を目指しました。
歩行者量や来店者数というビッグデータを扱う時でも、専門的な知識不要ですぐにデータを活用できます。

3.プライバシー配慮

本技術では「人物」を塗りつぶして保存する仕組みを採用しているため、歩行者やお客様へのプライバシー配慮も万全です。

4.AI(人工知能)搭載

AI(人工知能)を搭載し、検出精度のさらなる向上を目指しています。

※サンプル画像です

人物検出アプリケーション

なじみやすいグラフUIで、期間や曜日別の合計や平均・推移などがひと目でわかります(CSV出力対応)

人物検出WEBアプリ 推奨デバイス&ブラウザ
OS ブラウザ バージョン
Windows Google Chrome 最新版
FireFox
Mac Google Chrome
Safari

FAQ(よくある質問)

Q人物検出技術では何が取得できますか?
A所定の場所における「ヒト」を検出でき、歩行者量や来店客数などを取得できます。
また、当社の視線検出技術を組み合わせて「視線情報」を追加で取得することも可能です。詳細は→視線検出技術HP
Q提供方法を教えてください
A現在は「人物検出Webアプリ」、「ROS向けSDK」、「Web API」の3種類です。
ソリューション提供をご希望の方、ご要望やご不明な点は「お問合せフォーム」よりご連絡ください。
Q料金・価格を教えてください
A提供方法やシステム構成等により異なるため、お気軽に「お問合せフォーム」よりお見積もりをご依頼くださいませ。

お気軽にお問合せください

お問合せフォーム

Top
Top